Airbnb

airbnbの体験ホスト必見!体験作成ページの書き方を解説!【1】

投稿日:2018-02-09 更新日:

 

あなたが提出した企画書が審査に通ると、airbnbからこんなメールが届きます!

 

 

企画にGOサインが、出ました!

 

やりましたねっ!

おめでとうございます♪^^

 

企画提案済みにチェックが入り、あとは体験紹介ページを作成するのみとなりました!

ここはたくさん項目があるので、ひとつずつ丁寧に説明していきますね。^^

 

まずは、下記の3つをやっていきましょう!

  • 最初の設定
  • メインのタイトル付け
  • カバー写真のアップロード

特にカバー写真はちょ〜重要です!
本の表紙 みたいなもんなので、気合い入れて用意しましょう!

 

ではさっそく、最初の設定で使用する言語体験のカテゴリを設定していきます。

 

言語は日本語?それとも英語?

 

1. メインで使う言語 (第1言語)

基本は英語です!Englishです。

もしあなたが日本人オンリーを対象にしている場合は、日本語でいいのですが、外国人観光客に来てほしいのであれば、がんばって英語で作成してみましょう!

東京にやってくる観光客の50%の人は英語圏からです。

日本語で作成してしまうと、airbnbのサイトを日本語の設定で見ている人にしか表示されないので、英語で設定している人には表示すらされません。観光客の50%に表示されないのは、悲しいですよね、、、。

 

2. サブで使う言語 (第2言語)

ちなみに、あなたがもし英語の他に中国語やフランス語といった他の言語も話せたり、書けたりするのであれば、アピールすることもできます!^^かなりの強みですね!

 

 

ただし、2つ目の言語を選べるのは、体験作成ページを一通り最後まで書き終えて一旦提出してから、となります。

とりあえず、英語を選んでおけばオッケーです!^^

 

カテゴリはどれを選べばいいの?

 

カテゴリは2つ選べます

2つ目は任意ですが、せっかくなんで選んでおきましょう。^^

1. 1つ目のカテゴリ

あなたの体験がもしクッキングクラスなのであれば、

1つ目は「フード&ドリンク」ですよね。

 

2. 2つ目のカテゴリ

2つ目は、わたしだったら「エンターテイメント」か「ライフスタイル」を選びます。その料理がヘルシー志向であるなら「健康」もいいですね。料理に使う野菜やフルーツをゲストと一緒に畑で収穫する、というのであれば「自然」のカテゴリに入れてもいいと思います。^^

 

3. 社会貢献体験ってなに?

 

 

ここは、ほとんどの方はチェック無しでいいかと思います。

もし、あなたが非営利団体やチャリティ団体と提携して、地域の活動を支援したいなぁと思ってるなら、ここにチェックを入れるわけです。

ただし、社会貢献体験のホストには誰でもなれるわけじゃありません。

 

社会貢献体験のホストになれるのはこんな人!

非営利団体の、

  • スタッフ
  • 契約者
  • メンバー
  • 役員
  • ボランティア

上記の人であっても、非営利団体からの同意証明が必要だそうです。

 

さて、

これで「言語」と「カテゴリ」にチェックマークがつき、
基本の設定は終わりました!^^ らくしょーでしたか?

次はいよいよ体験紹介ページをつくっていきますよ!

 

 

 
Sponsored Link
 

 

カバーのタイトルと写真はどんなのがベスト?

 

1. カバーのタイトルは適当でいい

はっきり言っちゃいます!

タイトルはこの段階では 適当でいい です!w

つまらないタイトルでオッケー!

英文法が間違っててもオッケー!

 

なぜなら、、、

 

airbnbのコピーライターさんが後からイイ感じに直してくれるからです!しかも、無料で!こっちから言わなくても勝手に変えてくれます。w

最初、タイトルが変わってるのを見たときはびっくりしました。
「あれ?わたしこんなイカしたタイトルつけたっけ?」
と不思議に思ってましたが、あとからプロのライターさんの仕事だと知りました。

 

airbnbはホストに対するカスタマーサービスがハンパないんですよね。
いや〜すばらしいです!これだからairbnbのファンになっちゃうんですよね。

 

なので、タイトルに関しては、とりあえず思いついたものを付けておいて、あとでプロに直してもらいましょう!

 

ちなみにタイトルを入力すると、こんなふうに、実際スマホから見たらどんなかんじに表示されるのか、確かめることができます。^^

 

カバー写真も適当でいいの?

 

カバー写真も適当でいいですよ〜〜〜

 

と言いたいところですが、
写真は適当じゃだめなんです。

ざんねん。(´・ω・`)

 

写真に関しては、airbnbのプロカメラマンがあなたの代わりに無料で撮影してくれるわけではありません。
いつかそういうサービスもairbnbならしてくれそうですけどね。

 

もちろんプロのカメラマンにお金払って撮ってもらってもいいですが、
デジカメやスマホがあれば、自分が撮った写真でもちゃんと使えます!^^

「ヒントとサンプル」にも、写真を撮る際のアドバイスが書かれています。

 

 

この中で、なによりも一番重要なのは、

画像のサイズです!

 

使えるのは、

480ピクセル×720ピクセル以上の写真だけです!

せっかく気合い入れていい写真撮っても、サイズが小さすぎるがために使えなかったら、、、、これ以上ショックなことはありません!!

 

どうやって画像のサイズを調べられるの?っていう方はこちらの記事を参考にしていただけます。^^
> この写真、何ピクセル?画像のサイズの一番カンタンな調べ方!

 

上のヒント以外にも、写真をアップロードする際に気をつけたい点がいくつかあるので、「使える写真」と「使えない写真」にまとめてみますね。^^

 

1. こんな写真は使っていいよ!

  • 体験の内容をちゃんと表現している写真
  • 実際に体験をする場所で撮った写真
  • ピクセル数が480×720以上の写真

 

2. こんな写真はやめといたほうがいいよ!

  • 自撮り写真 (セルフィー)
  • カメラ目線の写真
  • 不自然にポーズを撮っている写真
  • ズームアップされすぎているお写真
  • 子供が写ってる写真
  • 特定のブランドが写ってる写真(Tシャツのロゴなど)
  • たばこを吸ってる写真
  • セクシーすぎる写真

 

airbnbはスマホからアプリを使って見てる人がとても多いので、スマホに合わせて縦の写真を用意しておくといいですよ♪

 

3. サムネイルとはなんぞや?

 

ネイルっていっても爪のことじゃないですよ。

サムネイルっていうのは、こんなふうに一覧で見るときに表示される、横長の画像のことです。

 

 

カバー写真で使用する画像が自動的にサムネイルとしても使用されます。
なので、横長サイズで切り取っても使えるような縦の写真を使うのがベストです!

 

まとめ

おつかれさまでした!^^

今回の記事では、以下の3つのことを解説しました。

  • 最初の設定
  • メインのタイトル付け
  • カバー写真のアップロード

 

続いては、ギャラリー (カバー以外の写真) の説明からしていきますので、こちらの記事へお進みください♪
airbnbの体験ホスト必見!体験作成ページの書き方を解説!【2】

 

 

-Airbnb

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

airbnbの体験ホストになるには?企画書の書き方は?【1】

読みたい場所へジャンプ1 Airbnbで体験ホストになるには何から始めればいいの?2 企画書はどこから提出できるの?2.1 1. まずはAirbnbのアカウントにログイン。2.2 2. 体験ホスティン …

エアビーの体験ホストになるには?企画書の書き方は?【2】

読みたい場所へジャンプ1 「世界観」にはどんなことを書けばいいの?1.1 1. Airbnbの体験ホストとして、ゲストとシェアしたい「好きなこと」は何ですか?1.2 2. あなたの体験を通してゲストは …

airbnbの体験ホストで審査に合格したい方必見!体験作成ページの書き方を解説!【3】

読みたい場所へジャンプ1 自己紹介で英文法は気にしない!1.1 1. 大切なことの1つ目は説得力。1.2 2. 大切なことの1つ目はあなたらしさ。2 ゲストの年齢制限などを設定する2.1 1. ゲスト …

シアトル観光ならホテルより断然安いAirbnbに泊まろう!

こんにちはー^^   かすみアンダーサです♪ 今日も私のブログを読んでくださり、 ありがとうございます!   前回は、バンクーバーからシアトルに行って 学生ビザからワーホリビザに切 …

airbnbの体験ホスト必見!体験作成ページの書き方を解説!【2】

読みたい場所へジャンプ1 ギャラリーの写真で予約率が決まる!1.1 1. ギャラリーに入れた方がいいのは、こんな写真!2 体験がはじまる時間とおわる時間を決める。3 タグラインとはなんぞや?3.1 1 …

人気記事トップ15

運営者情報

このブログを運営しているかすみアンダーサです!多くの人が疑問に思ってることや気になることを記事にしてまとめています。あなたのお役に立てる記事が書けたら幸いです。