バンクーバーお役立ち

バンクーバーで初の視力検査!おすすめの店は?費用は?保険はきく?

バンクーバーで初の視力検査!おすすめの店は?費用は?保険はきく?

こんにちは!
バンクーバー在住のラミレズカスミです。^^

新しくメガネを買うために
視力検査へ行ってきました。

5年ぶりくらいかな??

海外で受けるのは初めて!

バンクーバーで視力検査した体験を、
今回記事にしてまとめていきます!

バラード駅すぐ近くの「Clearly」で!

グーグルで「eye exam」と検索すると、
いくつか候補がでてきます。

わたしが視力検査を受けてきたのは
バラード駅から徒歩5分のとこにある
「Clearly」という名のメガネ屋さん。

バンクーバーで初の視力検査!おすすめの店は?費用は?保険はきく?

 

予約してないけど大丈夫かなぁ?
と思っていたら、こんな看板が表に。

バンクーバーで初の視力検査!おすすめの店は?費用は?保険はきく?

 

EYE EXAMS AVAILABLE
(視力検査やってるよー)

Don’t walk on by, we love walk-ins.
(通りすぎないで。ウチは飛び入りさんも大歓迎よ。)

 

ホッ。

こんな風にわざわざ書いてもらってあると
入っていいんだ〜って安心しますね。笑

スタッフの多くは、
人の良さそうなアジア系カナダ人の女性でした。

バンクーバーで初の視力検査!おすすめの店は?費用は?保険はきく?

視力検査の費用はいくら?保険はきく?

気になる視力検査の費用は、

$95

でした!

いろいろなメガネ屋さん行って値段ききましたが、
だいたいどこも$90〜100。

保険でカバーされるかどうかは
加入してる保険にもよると思います。

わたしが入ってる現地保険の「guard me」では
$100まで保険適用されるとのこと。

よかった〜〜〜保険入っといて。

ただ、

キャッシュレスではないので、
いったんは自分で支払います。

お会計の時にもらうレシートなどを
保険会社に送って請求すれば、
ちゃんとお金が戻ってきます。^^

(とか言いつつ2週間たった今もまだやってない。。やらねば。)

 

今どきはオンラインからレシート添付して
送信すればいいだけなので楽チンです。
(だからこそ先延ばしにしてしまうダメなわたし。)

 

ちなみに、$95は税金込みか聞いたら

「検査に税金はかからないわよ。」

と言われました。

ふ〜ん、目の検査とか医療系は
税金かからないのかなぁ。謎。

 

今回わたしの受けた視力検査は
メガネを買うため用の検査。

って言っても
よくわかんないですよね。w

 

受付ではじめに

「メガネ用?コンタクト用?」

と聞かれました。

 

どういう意味かよくわからなかったので
受付のおねえさんに聞いてみると、
メガネ用とコンタクト用の検査があるとのこと。

へ〜〜〜知らんかった。

 

とりあえずメガネを買うために
処方箋がほしかっただけなので
$95のメガネ用の検査を選びました。

コンタクト用の検査もしたければ
追加で$30または$50だそうです。
(目の悪さによって値段が違うっぽい)

 

メガネ用の検査を受けた日から、
1年の間に再訪すれば、$30または$50で
コンタクト用の検査も受けられます。

1年を過ぎると、また$95の視力検査を
受けないらしいです。

視力検査で必要な持ち物は?

視力検査へ持ってくものは、以下の4つ。

  • 身分証明証
  • MSPカード (あれば)
  • 普段つけてるコンタクト(あれば)
  • 普段かけてるメガネ(あれば)

4つのうち、
必ずいるのは身分証明証だけ。

 

受付のおねえさんに

「電話番号ののってる免許証とかBCIDとか持ってますか?」

と聞かれました。
が、どっちもないのでパスポートを提出。

パスポートは電話番号のってなくても
問題なくオッケーとのこと。

パスポート、強し!!

 

MSPカードがBC州の保険です。
わたしはまだ持っていません。
いま永住権の申請中なので
そろそろMSPカードもゲットできる予定。

 

普段コンタクトの人は
視力検査の時にはずすので、
予備のコンタクトを持ってきましょう。

店に到着してから会計までの全体の流れ!

全体の流れをまとめていきます!

  1. 予約の時間に到着
  2. 問診票を記入
  3. コンタクトはずす
  4. 遠くの気球をジッと見るテストやる (日本と同じ)
  5. プシュっと空気があたるやつ
  6. ドクターが本格的な目の検査をする
  7. 目に点滴たらされる
  8. 点滴が黒目を広げるまで15分待つ (文字にすると怖い・・・)
  9. 最後にメガネの度数の調整をする

 

カナダやアメリカでは
日本でおなじみの「C」は使いません。

 

その代わりに、
N C K Z O
というような英語の列を読まされます。

 

欧米式の方が理にかなってる気がするのは私だけ?
普段の生活でいろんな方向に開いた「C」なんて
見やへんもんな。

 

検査の最後の方で、
点滴をうたれるのですが
その後15分待たないといけません。

この点滴をポタッと入れると、
黒目が大きくなります。
それによってドクターが黒目の検査を
できるようになります。

 

鏡の中の自分の目をのぞいて見ると
日中なのに黒目がデカイ!!

キモイ!!!w

上の写真はわたしじゃないですが、
実際ホントにこんな感じでした。(ゾクゾク・・・)

 

点滴のせいで、
検査が終わって4時間くらいは視界がぼやけます。
近くのものはよく見えません。
(そういうもんらしいので、心配無用!)

予約の取り方

予約の取り方は簡単でした。

店にウォークインで入って、
「今日できたら検査の予約したいんですが空いてる時間ありますか?」
って聞いたらOK!

わたしの場合は平日の午前中に行って、
その日の午後2時50分からの枠で
予約とれました。

もちろん電話でも予約できると思います。
わたしは対面の方が安心できるので
直接行って予約しました。^^

英語わからなくても大丈夫?

海外で視力検査って、
英語わからなくても大丈夫?

って不安な人もいるかと思います。

 

正直、日常会話はできた方が絶対にいいです。

専門的な医療用語はわからなくても
どうにかなります。

わたしは「それどういう意味ですか?」
と何回か聞いて、やさしい英語で説明し直して
もらったりしました。

検査内容は日本とほぼ同じなので
そこまで心配いらないと思います。

バンクーバー「Clearly」での視力検査まとめ

いかがでしたか?

海外での初視力検査ということで
少しかまえて行ったのですが
ドクターがめちゃやさしい人だったので
安心して受けることができました。^^

あなたがもし
どこで検査うけようかな〜〜と迷ってるなら、
個人的にClearlyをおすすめします。

ではでは、最後まで読んでいただき
ありがとうございました!