未分類

海外ドラマ「フレンズ」の日本語翻訳と解説!シーズン1エピソード1

海外ドラマ「フレンズ」の関西弁翻訳と解説!シーズン1エピソード2
海外ドラマ「フレンズ」の関西弁翻訳と解説!シーズン1エピソード2

Monica: There’s nothing to tell.
なんも話すことなんて無いて。

It’s just some guy I work with.
ただ一緒に働いとる人やわ。

Joey: Come on, you are going out with the guy.
いや〜、モニカがその男と出かけるんやろ。

There’s got to be something wrong with the guy.
そいつなんかおかしいんちゃうか。

Chandler: So, does he have a hump?
腰まがっとんのか?

A hump and a hairpiece?
腰まがった上にカツラ?

Phoebe: Wait, does he eat chalk?
ちょっと待って、その人チョーク食べる?

Just ‘cause I don’t want her to go through
what I went through with Carl.
私がカールと一緒やったときに経験したこと
モニカには経験して欲しくないんもん。

Monica: Okay, everybody, relax.
ちょっと、みんな落ち着いて。

This is not even a date.
そもそもデートとちゃうから。

It’s just two people going out to dinner
and not having sex.
二人の人間が夕飯食べに行って
エッチはしやんっていうだけのこと。

Chandler: Sounds like a date to me.
俺にはデートに聞こえるけど。


 

Chandler: So, alright. I’m back in high school.
それでさ、オレ高校生なわけよ。

I’m standing in the middle of the cafeteria.
食堂の真ん中につっ立っとてさ。

And, I realize I’m totally…., naked.
で、気づいたら完全に、、、裸なんさ。

Everyone: I’ve had that dream.
あーその夢みたことあるわぁ。w

Chandler: Then, I look down… and there is a phone… there.
それでさ、下みたらさ、、、電話があるわけよ、、、アソコに。

Joey: Instead of….
(アレの)代わりに…?

Chandler: That’s right.
そういうことや。

Everyone: Never had that dream.
その夢は見たことないわ。

Chandler: All of sudden, the phone starts to ring.
突然さ、その電話が鳴り始めるわけよ。

And it turns out it’s my mother.
で、出てみたらオカンなんさ。

Which is very very weird because…
she never calls me.
まじでメチャクチャやろ・・・だって
オカン電話なんて一度もかけてきたことないもん。


 

Ross: Hi….
よう。。。

Joey: This guy says “Hello, I wanna kill myself.”.
こいつ「よう。オレ自殺さるわ。」ってさ。

Monica: Are you okay, sweetie?
大丈夫〜?

Ross: I just feel like someone reached down my throat,
grabbed my small intestine pulled it out my mouth and,
tied it around my neck.
なんかさ、誰かがオレのノドに手つっこんできて
ちっさい内臓を口からひっぱりだして首に巻きつけてきたような気分。

Chandler: Cookie?
クッキー食べる?

Monica: Carol moved her stuff out today.
キャロルが家でってたんやて、今日。

Oh.
あぁ。

Monica: Let me get you some coffee.
コーヒー持ってきたるわ。

Ross: Thanks.
ありがとー。

Ooh. Ugh.
うわぁ、、、うぇ。

Ross: No! Oh, no no don’t.
アカン!アカンアカン、やめて。

Phoebe: Stop cleansing my aura.
オーラの清めんのやめてくれる?

No, just leave my aura alone, okay?
ちょっと、俺のオーラひとりにしてくれやへん?

I’ll be fine, all right? Really everyone.
ほんと大丈夫やから、な?マジで。

I hope she will be very happy.
キャロルが幸せになってくれたって思っとるよ。

Monica: No, you don’t.
いや、思ってへんやろ。

Ross: No, I don’t.
思ってへんわ。

To hell with her. She left me.
マジでくたばれし。俺のこと捨てやがって。

Joey: And you never knew she was a lesbian?
で、キャロルがレズって全然知らんかったん?

Ross: No, okay?
知るかよ!

Why does everyone keep fixating on that?
なんでみんなそこをクドクド言ってくんの?

She didn’t know. How should I know?
キャロル本人も知らんだんやで。
どうやって俺がわかるんやって!

Chandler: Sometimes I wish I was a lesbian.
たまに俺もレズやったらよかったのにって思うわ。

Did I say that out loud?
声に出して言ってもた?

Joey: All right, Ross, Look.
You are feeling a lot of pain right now.
ええか、ロス。
おまえは今けっこうな痛みを感じとるやろ。

You’re angry, you’re hurting.
おまえは怒りを感じとる。おまえは傷ついとる。

Can I tell you what the answer is?
その答え(痛みを癒す方法)が何か言ってもええか?

Strip joints!
ストリップクラブや!

Oh, come on. You’re single.
おいおい、お前独身なんやぞ。

Have some hormones!
少しくらい男性ホルモン持てよな!

Ross: See, but I don’t want to be single, okay?
いや、でもオレ別に独身でおりたいわけやないから。

I just, I just, I just wanna be married again.
オレはただ、ただ、たださ、また結婚したいわけよ。

Chandler: And I just want a million dollars.
僕はただ1億円がほしい!

Monica: Rachel?
レイチェル?

Rachel: Oh, god. Hi Monica, thank God.
あーー、モニカ!!も〜よかった〜〜!

I just went to your building and you weren’t there.
今さっきモニカのアパート行ったら、おらへんしさ。

And then this guy with a big hammer said
you might be here and you are. You are.
んで、でっかいハンマー持った男がモニカは
多分ここやって言うから来てみたら、本当におった〜!

Server: Can I get you some coffee?
コーヒーお持ちしましょうか?

Decaf.
ディカフェで。

Ok, everybody, this is Rachel, another Lincoln High School survivor.
みんな、こちらはレイチェル。リンカーンハイスクールの生き残りのひとり。

This is everybody, this is Chandler and Phoebe and Joy.
こっちは私の友達のチャンドラーとフィービーとジョーイ。

And you remember my brother Ross?
で、私の兄のロス。覚えとる?

Sure.
もちろん。

Hi. Oh!
こんにち、、、おっと!

Monica: So you want to tell us now, or are we waiting for four wet bridesmaids?
で、いま話したい?それか、4人の濡れたブライズメイズが来るの待ってからにする?

Rachel: Oh God. Well, it started about a half hour before the wedding.
あーもう。それでさ、それは結婚式の30分前くらい前に始まったわけよ。

I was in this room where we were keeping all the presents.
私、全部のプレゼントがしまわれとった部屋におってさ。

And I was looking at this gravy boat.
で、このグレイビーボート(舟の形したソース入れ)を見とったん。

This really gorgeous Limoges gravy boat.
それがホンマに豪華なリモージュのグレイビーボートなわけよ。

When all of a sudden, Sweet’N Low?
で、いきなりさ、あ、これ「スウィートン・ロー」?

I realized, I realized I was more turned on by this gravy boat than by Barry.
私気づいたん。バリーよりも、このグレイビーボートに興奮してたってことに気づいたん。

And then I really freaked out. And that’s when it hit me.
そしたらもうめっちゃパニクってさ。で、この瞬間わかったん。

How much Barry looks like Mr. Potato Head.
バリーがどんだけミスターポテトヘッドにそっくりかって。

You know, I mean, I always knew he looked familiar but….
なんていうか、わかるかな。前からどっかで見たことあるな〜とは思っとたんやけど、、、。

Anyway, I just had to get out of there, and I started wondering “Why am I doing this?” and “Who am I doing this for?”.
まーとにかくさ、もうそっから逃げ出すしかなかったんよ。で、頭ん中でモヤモヤしてきて。「なんで私こんなことしとんの?」「誰のために?」ってさ。

So anyway, I just didn’t know where to go, and I know you and I have kind of drifted apart.
で、どこに行けばいいかも分からんだし。うちら(レイチェルとモニカ)なんとなく離れ離れになってたけどさ。

But you’re the only person I knew who lived in the city.
この街に住んどる人ってモニカしか私知らんかったんやもん。

Monica: Who wasn’t invited to the wedding.
そのモニカは結婚式には呼ばれやんかったけどな。

Rachel: Oh I was kind of hoping that wouldn’t be an issue.
あ〜それが話題にのぼらんだらなってちょっと願っとたのに。


 

Monica: I’m guessing that he bought her the big pipe organ and she’s really not happy about it.
たぶんさ、こいつが彼女にでかいパイプオルガン買って、女がムカついたんやと思うで。

Rachel: Daddy, I just, I can’t marry him. I’m sorry. I just don’t love him. Well, it matters to me!
パパ、私たださ、ただ彼とは結婚できやへんわ。ごめんって。でも彼のこと愛してへんし。いや、私にとっては関係あるし!

Chandler: Woo… She should not be wearing those pants.
うわ〜、そのズボン、この女は履いたらあかんやろ。

Joey: I say push her down the stairs.
「階段の下に突き落としてまえ」ってとこやな。

Everyone: Push her down the stairs! Push her down the stairs! All right. 突き落とせ!突き落とせ!よっしゃ〜よくやった。

Rachel: Come on, Daddy! Listen to me! It’s like all of my life, everyone has always told me, “You’re a shoe!” “You’re a shoe!” “You’re a shoe!” “You’re a shoe!”
もうパパったら!私の話聞いてよ!今までの人生ず〜っと皆んなから「あんたは靴や。」「靴や!」「靴や!」って言われてきたんやで!

And then today I stopped and I said “What if I don’t wanna be a shoe? What if I want to be a purse? You know? Or….a hat? No, I don’t want you to buy me a hat. I am saying I am a ha…. It’s a metaphor Daddy!
で今日ふと思ったん。もし靴になりたくなかったら?もし私サイフになりたかったら?わかる?それか、帽子・・・いや、パパに帽子買ってほしいって言っとるんちゃうて!私が言いたいのは、、、パパ、これは比喩なん!!

Ross: You can see where he’d have trouble.
親父さんがなんで理解できやんか、(考えたら)わかるやろ。

Rachel: Look, Daddy. It’s my life. Well, maybe I just stay here with Monica.
パパ聞いて、これは私の人生なん。えっと、たぶんここでモニカと一緒に暮らすわよ。

Monica: Well, I guess we’ve established she’s staying here with Monica.
モニカと一緒に暮らすことになったみたいやな。

Rachel: Well, maybe that’s my decision. Well, maybe I don’t need your money. Wait! Wait, I said maybe!
うーん、たぶんそれは私が決めることなんちゃうん。まーたぶん、パパのお金なんて必要ないよ。ちょ、ちょっと待って!「たぶん」って言ったやん!

Monica: Just breathe. That’s it. Just try to think of nice calm things.
ただ呼吸すればいいから。そうそう。なんか良いことでも考えな。

Phoebe: Raindrops on roses and whiskers on kittens. Doorbells and sleigh bells and something with mittens. Lalala, something with string.
バラの花びらについた雨の雫、子猫のヒゲ。ドアベルに、ソリのベル。ミトンとなんちゃら、、ラララ、糸となんちゃら、、、。

Rachel: I’m all better now.
もうすっかり良くなったわ。

Phoebe: I helped.
よかった。(歌が効果あったみたい)

Monica: Okay, look. This is probably for the best, you know? Independence. Taking control of your life.
ほら、多分これでいいんよ。自立ってやつ。自分の人生をコントロールするの。

Joey: And hey. If you need anything, you can always come to Joey. Me and Chandler live right across the hall. And he’s away a lot.
それにさぁ、なぁ、もし何か要るもんがあったらさ、いつでもジョーイのとこに来たらいいから。俺とチャンドラーは廊下のすぐ向かいに住んどるで。やし、チャンドラーはほとんど家におらんで。

Monica: Joey! Stop hitting on her. It’s her wedding day.
ジョーイ!レイチェルを口説くのやめなよ。結婚式やったんやで今日。

Joey: What? Like there’s a rule or something?
なんでや?そんなルールでもあるんか?

Chandler: Please don’t do that again. It’s a horrible sound.
また同じことしやんといてくださいよ。ほんとヒドイ音なんで。

Paul: Uh…it’s ah, it’s Paul.
えっと、ポールといいますが。

Monica: Buzz him in.
入れたってよ。

Joey: Who’s Paul?
ポールって誰?

Ross: Paul, “The wine guy Paul” Paul?
ポールって、あの「ワイン男・ポール」のポール?

Monica: Maybe?
かもね。

Joey: Wait a minute. Your “not a real date tonight” is with Paul, the wine guy?
ちょっと待てよ。「デートってわけじゃない今夜のお相手」って、ポールのことなんか?あのワイン男?

Ross: He finally asked you out?
ついに誘ってくれたん?

Monica: Yes!
そーなん!

Chandler: Oh, this is a “Dear Diary” moment.
おぉ、これは今日の日記行きやな。

Monica: Rach, wait. I can cancel.
レイチェル、待って。(今夜のデート)キャンセルできるから。

Rachel: Please, no! Go, I’ll be fine.
そんなん、全然いいって!行ってきな!私は大丈夫やで。

Monica: Ross, are you okay? I mean, do you want me to stay?
ロス、そっちは大丈夫?ていうか、そばにおってほしい?

Ross: That would be good.
そうしてもらえると嬉しいな。

Monica: Really?
マジで?

Ross: No! Go on! It’s Paul, the wine guy!
嘘やって!行け行け!ワイン男のポールやぞ!

Monica: Hi, come in. Paul this is….everybody. Everybody, this is Paul.
どうぞ、入って。ポール、この人たち、私の友達。皆、この人がポール。

Chandler: I’m sorry. I didn’t catch your name. Paul, was it?
ごめん、名前んとこ聞こえやんだ。ポール、やった?

Monica: Sit down. Two seconds.
座って。2秒で戻るから。

Phoebe: Oh, I just pulled out four eyelashes. That can’t be good.
あ、まつげが4本抜けた。これは縁起よくないわ。

Ross: So Rachel. What are you ah…. What are you up to tonight?
それで、レイチェル。今夜はなに、、なにしてんの?

Rachel: Well, I was kind of supposed to be headed for Aruba on my honeymoon. So nothing!
そやな、今ごろほんとやったらハネムーンでアルバに向かっとるはずなわけやから、、なんも予定はないかな!

Ross: Right. You are not even getting your honeymoon, God.
そっかぁ、ハネムーンもなくなったんやもんなぁ、ホンマに。

No, no. Although, Aruba. This time of the year?
いやいや、でもさ、アルバよ。今の時期にってか?

Talk about your….big lizards.
君のさ、、、、でかいトカゲ。

Anyway, if you don’t feel like being alone tonight, Joey and Chandler are coming over to helping me put together my new furniture.
とにかくさ、もし今晩ひとりでおりたくなかったら、ジョーイとチャンドラーが新しい家具の組み立てとか手伝いにウチ来るからさ。

Chandler: Yes, we’re very excited about it.
そう!もうマジでワクワクやわ。

Rachel: I have to say thanks. But I’m just gonna hang out here tonight. It’s been a long day.
ありがとう。でも、今夜はここでゆっくりするわ。長い一日やったし。

Ross: Okay, sure.
そやな、もちろん。

Joey: Hey, phoebs. You wanna help?
よう、フィービーも手伝いにくる?(ロスん家での家具の取り付け)

Phoebe: Oh, I wish I could, but I don’t want to.
手伝えたらいいんやけど、手伝いたくないの。


 

Ross: I’m supposed to attach a bracket-y thing to the side things using a bunch of these little worm guys.
大量のちっさい虫みたいなヤツで、留め金風のものをサイドのやつにつけるらしいけど、、、。

I have no bracket-y thing. I see no worm guys whatsoever. And I cannot feel my legs.
留め金風のモノなんてないし、虫っぽいやつもどっこにも見つからんのやけど。しかも、足が完全に痺れたわ。

Joey: What’s this?
何やこれ?

Chandler: I have no idea.
さっぱりわからん。

Joey: Done with the bookcase.
本棚で〜きた!

Chandler: All finished.
できたできた!

Ross: This was Carol’s favorite beer. She always drank it out of can. I should have known.
これさ、(元嫁)キャロルが好きなビールやったんさ。いっつも缶から直接飲んでさ。(それをヒントにキャロルがレズだと) 分かるべきやったわ。

Joey: Ross, let me ask you a question. She got the furniture, the stereo, the good TV. What did you get?
ロス、ひとつ訊いてもいいか。キャロルはさ、家具と、ステレオと、良いテレビを持ってたんやろ。お前は何をもらったん?

Ross: You guys.
お前らや。

Joey: You got screwed.
正気かよコイツ。

Chandler: Oh God. Oh my God.
やばいな。

 


 

Monica: Oh my God.
ほんとに〜〜?

Paul: I know. I’m such an idiot.
いや、マジで。ほんとに俺アホやったわ。

Guess I should’ve caught on when she started going to the dentist four and five times a week.
あいつが週に4・5回歯医者いき始めたところで暴くべきやったわ。

I mean, how clean can teeth get?
てかさ、歯キレイにすんのも限界あるやろ?

Monica: My brother’s going through that right now. He’s such a mess. How did you get through it?
私の兄も今おんなじ悩み抱えとんのさぁ。けっこう大変みたいでさ。どうやって乗り越えたん?

Paul: He might try accidentally breaking something valuable of hers. Say her….
まー、事故とみせかけて彼女の大事なモノを壊してみるとか。例えば、その女の、、

Monica: Leg?
足とか?

Paul: That’s one way of going through it. Me? I, I went to for the watch.それも一つやな!僕は、、僕の場合は彼女の時計やったね。

Monica: You actually broke her watch?
マジでその人の時計壊したん?

Paul: Um.
そやな。

Rachel: Barry, I am sorry. I am so sorry.
バリー、ごめんなさい。本当にごめんなさい。

I know you probably think this is all about what I said the other night about you making love with your socks on, but it isn’t. It’s about me.
たぶん、あの夜靴下はいたままでエッチしたことが原因やと思っとると思うけど、そうじゃないの。原因は私なん。

And I jus…. Hi, machine cut me off again. Anyway・・・
私はただ、、、。あら、また留守電に切られたわ。とにかく・・・


 

Ross: You know what the scariest part is?
何が最悪かって?

What if there is only one woman for everybody? You know?
もし皆それぞれに一人の女の人しかおらんだらどうすんのよ?

I mean, what if you get one woman, and that’s it?
つまりさ、一人の女を手にしたら、もうそれっきり、ってわけ。

Unfortunately, in my case, there was only one woman for her.
残念ながら、俺の場合は、キャロル(元嫁)にも運命の女性がひとりおったんさ。

Joey: What are you talking about? One woman.
何言っとるんや?「一人の女」って。

That’s like saying there’s only one flavor of ice cream for you.
それってさ、お前には一種類のアイスクリームしかないって言っとんのと同じやで。

Let me tell you something, Ross.
言わせてもらうけどさ、ロス。

There’s a lot of flavors out there.
世の中にはいろんな種類があるんやって。

Rocky road and cookie dough and bing cherry vanilla.
ロッキーロードに、クッキードウに、ビングチェリーバニラ。

You can get them with jimmies or nuts or whipped cream.
キラキラの粒チョコとかナッツとか生クリームと食ってもええんやぞ。

This is the best thing that ever happened to you!
これってお前の人生で起きた中で一番最高なことやで!

You got married. You were like, what, 8?
結婚したときって、なんや、お前8才とかやっけ?

Welcome back to the world! Grab a spoon!
こっちの世界へよう帰ってきたな!スプーン掴めよ!

Ross: I honestly don’t know if I’m hungry or horny.
正直なとこさ、俺いま腹へっとんのかムラムラしとんのかよう分からん。

Chandler: Then stay out of my freezer.
俺の冷蔵庫には近寄んなよな。


 

Paul: Ever since she walked out on me, I….
あいつが出てってからさ、俺ずっと、、、

Monica: What? What? You wanna spell it out with noodles?
え?何?その麺でスペルでもつづるつもり?

Paul: No, it’s more of a fifth date kind of revelation.
いや〜、なんていうか、5回目のデートとかで打ち明けるような話かなって、、、。

Monica: Oh, so there’s gonna be a fifth date?
え、5回目のデートがあるってこと?

Paul: Isn’t there?
ないかな?

Monica: Yeah, yeah I think there is. What were you gonna say?
もちろん、あると思う。で、何を言いたかったん?

Paul: Well, well well. Ever since she left me, I haven’t been able to perform……. sexually.
えーと、その、、、。あいつが出てってからさ、俺、できやんくなったんさ、、、性的なことが。

Monica: Oh God! Oh God! I am so sorry. I know being spit on is probably not what you need right now. Um… How long? ごめんごめん、どうしよう!ほんと、ごめん!もう、ツバかけられるとか多分いま必要なことちゃうかったよな。、、、で、どんだけの間よ?

Paul: Two years.
2年。

Monica: Wow. I’m glad you smashed her watch.
あらまぁ。その女の時計壊したって正解やな。

Paul: So you still think you might want that fifth date?
で、、まだ5回目のデートしたいって思ってくれとる?

Monica: Yes. Yeah I do.
うん、うん、したい。


 

Bride: I, Joanie, take you, Charles, as my lawful husband.
私、ジョニーは、あなたチャールズを、夫として、、、、

Priest: Do you take Joanie….
あなたはジョニーを、、、、

Rachel: Ah! See! But Joanie loved Chachi. That’s the difference.
あーほらな!だってジョニーはチャーチのこと愛しとるもん。そこが違うとこやわ!(私たちと)


 

Ross: Grab a spoon. Do you know how long it’s been since I grabbed a spoon?
「スプーンをつかめ」つったってさ。この前スプーンつかんだんはいつの話やと思っとんのや。

Do the words, “Billy, don’t be a hero” mean anything to you?
「悲しみのヒーロー」の歌詞はお前にとっては何の意味もないんかよ。

You know, here’s the thing.
問題はさ。

Even if I could get it together enough to ask another woman out, who am I gonna ask?
たとえまた他の女に声かけれるようになったとしても、誰に、って話やん?


 

Rachel: Isn’t this amazing? I mean I have never made coffee before in my entire life.
これ、やばない?私コーヒーなんて今までの人生で一度も入れたことないんやけど!

Chandler: That IS amazing.
それはやばいな。

Joey: Congratulations. While you are on a roll, if you feel like you gotta make like a Western omelet or something. Although, actually I’m really not that hungry this morning.
おめでとー。波にのっとるうちに、洋風オムレツとかも作れるんちゃうん?あーでも今朝はあんま腹減ってへんわ。

Monica: Good morning.
おはよう。

Everyone: Good morning.
おはよう。

Paul: Morning.
おはようございます。

Joey: Morning, Paul.
おはよう、ポール。

Rachel: Hello, Paul.
あら、ポール。

Chandler: Hi, Paul, is it?
どーも。ポール、やったけ?

Monica: I had a really great time last night.
昨夜はほんと楽しかった。

Paul: Thank you. Thank you so much.
ありがとう、ほんっとにありがとう。

Monica: We’ll talk later.
じゃあ、あとでね。

Paul: Yeah. Thank you.
うん。ありがと。

Joey: That wasn’t a real date. What the hell do you do on a real date?
いまのが本当のデートっちゃうて?お前ホントのデートでは一体なにするん?

Monica: Shut up and put my table back.
うるさいな。私のテーブル元に戻して。

Chandler: Alright, kids. I got to get to work. If I don’t input those numbers, it doesn’t make much of a difference.
はいはい、お子ちゃま達。俺は仕事に行かなあかんで。俺が数字を打ち込まんだら、、、特に何かが変わるってわけじゃないのさ。

Rachel: So like, you guys all have jobs?
で、なに、みんな仕事しとるん?

Monica: Yeah, we all have jobs. See? That’s how we buy stuff.
そやね、みんな仕事しとるで。ほら、そうやってさ私らモノ買うわけよ。

Joey: Yeah, I’m an actor.
あ、俺は役者な。

Rachel: Wow. Would I’ve seen you in anything?
へ〜〜〜!なにか(の作品)で観たことあると思う?

Joey: Oh I doubt it. Mostly Regional work.
あー微妙やな。ほとんどローカル作品やで。

Monica: Oh yeah! Unless you happened to catch the Wee One’s production of Pinocchio.
あ、そや!もしかしたらあのチッポケ制作会社のピノキオ観たことあるんちゃう?

Chandler: “Look, Geppetto. I am a real live boy. ”
「見て、ゼペットじいさん!僕、ホンモノの人間だ!」

Joey: I will not take this abuse.
俺は、そんなイジメにはのらへんで。

Chandler: Yeah, alright. I’m sorry. “Once I was a wooden boy. A little wooden boy.”
そーやな、すまん。”昔は木で出来た少年だった〜 木の少年〜”

Monica: So how are you doing today? You sleep okay? Did you talk to Barry? I can’t stop smiling.
でぇ、レイチェル元気〜?ちゃんと寝れた?バリーとは話たん?あかん笑いが止まらへん。

Rachel: I can see that. You look like you slept with a hanger in your mouth.
そうみたいやな。ハンガー口に入れて寝たみたいになっとんで。

Monica: I know. I know. He’s just so…. You remember you and Tony De Marco?
そやんな、、。ポールってなんていうかさ。トニーデマルコ覚えとるやろ、あんたと付き合っとった。

Rachel: Oh yeah.
うん、覚えとるよ。

Monica: Well, it’s like that. With feelings.
なんていうか、そんなかんじやて。それの感情が伴った版。

Rachel: Oh wow. Are you in trouble!
あ~、それは大問題やな。

Monica: Okay. Okay. I’m just going to get up, go to work, and not think about him all day. Or else I’m just going to get up and go to work.
よ〜し。しっかり目覚まして、仕事いって、ポールのこと一日中考えやんようにしよ。いや、それか、ただしっかり目覚まして仕事行くだけにしよ。

Rachel: Oh, wish me luck!
あ、なぁ私の幸運祈っといてよ!

Monica: What for?
何の?

Rachel: I’m gonna go get one of those… job things.
あの…「仕事」ってやつを見つけに行こうと思って。


 

Franny: Hey Monica.
よ、モーニカ。

Monica: Hey, Frannie. Welcome back. How was Florida?
あ、フラニー。おかえり〜。フロリダどやった?

Franny: You had sex, didn’t you?
セックスしたやろ。

Monica: How do you do that?
なんで分かんの??

Franny: So who?
で、誰と?

Monica: You know Paul?
ポール、知っとるやろ?

Franny: Paul the wine guy? Oh yeah, I know Paul.
ポールって、あのワイン男の?もちろん、よーく知っとるよ。

Monica: You mean, you know Paul like I know Paul?
えっ、と、私がポール知っとるように、あんたも知っとるってこと?

Franny: Are you kidding? I take credit for Paul. You know, before me, there was no snap in his turtle for two years.
マジで言っとんの?今のポールがおんのは私のおかげやで。私とヤる前は、ポールの亀(アソコ)2年間も使いものにならんかったんやで。

Joey: Of course it was a line.
そんなん口説き文句に決まっとるやん。

Monica: Why? Why would anybody do something like that?
なんでよ?なんでそんなことすんの?

Ross: I assume we’re looking for an answer more sophisticated than “to get you into bed”.
多分やけどさ、みんなが求めとんのはもっと品がいい答えやろな。「お前をベッドに連れ込むため」とかいうんじゃなくて。

Monica: Is it me? Is it like I have some sort of beacon that only dogs and men with severe emotional problems can hear?
これって私のせいなん?私なんか変な信号でも出しとる?オス犬と精神異常者のクソ野郎だけが聴こえるような。

Phoebe: Alright. Come here. Give me your feet.
わかったわかった。こっちおいで。足出しな。

Monica: I just thought he was nice, you know?
ポールっていい人やなって思っただけなん。

Joey: I can’t believe you didn’t know it was a line.
マジであれが口説きセリフって気づかんだなんてなっ!

Monica: Oh!
もおっ!

Rachel: Guess what?
なんやと思う〜〜?

Ross: You got a job?
仕事でも見つけた?

Rachel: Are you kidding? I’m trained for nothing.
まさか!何の訓練も受けたことないんやで。

I was laughed out of 12 interviews today.
今日、12コ面接うけてきて毎回笑い者にされたわ。

Chandler: And yet, you’re surprisingly upbeat.
それやのに、びっくりするくらいご機嫌やな。

Rachel: Oh well, you would be too if you found Joan and David boots on sale, 50% off.
そりゃそうよ。あんたやってご機嫌になるで、ジョーン&ディヴィッドのブーツを半額で見つけたらさ。

Chandler: Oh how well you know me.
あーほんと俺のこと分かっとんなぁ。

Rachel: They are my new “I don’t need a job. I don’t need my parents. And I’ve got great boots” boots.

これが私の新しい「仕事もいらん、親もいらん、だってこんな最高なブーツがあるもんね〜」ブーツ。

Monica: How did you pay for them?
どうやってそれ払ったん?

Rachel: Ah, credit card.
あ〜、クレジットカード。

Monica: And, and who pays for that?
で、そのカードは誰が払うの?

Rachel: Um… my father….
え、おとうさん・・・。

Monica: Come on. You can’t live off your parents your whole life.
も〜、一生親のスネかじりながら生きるわけにはいかんやろ。

Rachel: I know that. That’s why I was getting married.
分かっとるって!やで結婚しようと思ったんやんか。

Phoebe: Give her a break. It’s hard being on your own for the first time.
ちょっと時間あげたら。初めて自立する時って大変なもんやで。

Rachel: Thank you.
ありがとう。

Phoebe: You’re welcome. I remember when I first came to the city, I was 14.
気にしやんでええよ。私覚えとんの、初めてNYに来たときさ、14才やって。

My mom had just had killed herself and my stepdad was back in prison.
お母さんが自殺したばっかりでさ、義理のお父さんは牢屋にまた入れられて。

And I got here, and I didn’t know anybody.
それで、ここ(NY)に来たん。当時は誰も知り合いおらんだわ。

And I ended up living with this albino guy who was like cleaning windshields outside, port authority.
でさ、アルビノの男と住むことになって。その人、外で車の窓ガラスとか吹く仕事しとったなぁ、市営の港湾管理局で。

And he killed himself. And then I found aromatherapy.
で、その人も自殺。そのあと私アロマセラピーに出会ったん。

So, believe me, I know exactly how you feel.
やで、うそっちゃうで。レイチェルの気持ち痛いほどよく分かるから。

Ross: The word you are looking for is…. Anyway.
レイチェルが探しとる言葉はこれ。「とにかく」。

Monica: Alright, you ready?
よっしゃ、準備OK?

Rachel: I don’t think so.
OKっちゃうと思う。

Ross: Oh come on! Cut.
いっちゃおうぜぇ!切れ!

Everyone: Cut. Cut.
切れ、切れ!

Monica: Welcome to the real world! It sucks. You’re gonna love it!
現実世界へようこそ!クソみたいなとこやけど。ぜったい気に入るで!


 

Monica: Well, that’s it. You’re gonna crush on the couch?
はい、おしまい!カウチでつぶれて寝てく?

Ross: No, I gotta go home sometime.
いや、たまには家帰らんとあかんで。

Monica: Are you gonna be okay?
大丈夫そう?

Ross: Yeah.
うん。

Rachel: Hey Mon. Look what I just found on the floor. … What?
なぁモニカ。見て、これ床に落ちとったんやけど。… 何?

Monica: That’s Paul’s watch. You just put it back where you found it.
それ、ポールの時計。見つけた場所に戻しといて。

Oh, boy. All right. Good night, everybody.
あーもう、よしっと。みんな、おやすみー。

Ross & Rachel: Good night.
おやすみー。

Rachel: Oh, I’m sorry.
あ、ごめん。

Ross: No no, go.
いいって、食べて。

Rachel: No, have it. I don’t want it really.
いいよ、食べて。ほんと、別にいらんから。

Ross: Split it?
半分こする?

Both: Okay.
うん。

Ross: You know, you probably didn’t know this, but back in high school I had a major crush on you.
あのさぁ、たぶん知らんと思うけど、オレ高校生んとき、レイチェルのことめっちゃ好きやったんさ。

Rachel: I knew.
知っとったよ。

Ross: You did? Wow. I always figured that you just thought I was Monica’s geeky older brother.
ほんと?マジか。てっきり、モニカのオタクな兄貴って思われとったかと。

Rachel: I did.
そう思っとった。

Ross: Oh. Listen, do you think, and I try not to let my intense vulnerability become any kind of a factor here.
そっか。なぁ聞いて。アホみたいに弱い俺の心が邪魔しやんといいんやけど、、、

But do you think it would be okay if I asked you out sometime, maybe?
いつかさ、デートに誘ってみてもいいかな?たぶん?

Rachel: Yeah, maybe?
うん。たぶんね?

Ross: Okay. Okay, maybe I will.
うん。おっけー。たぶん、誘うよ。

Both: Good night.
おやすみ。

Monica: See you. Wait, wait. Hey, what’s with you?
またな。ちょ、ちょっと待って。なんかあった?

Ross: I just grabbed a spoon.
スプーン、つかんでやったぜ。


 

Joey & Phoebe: I can’t believe what I’m hearing here.
いま耳にしたこと信じられへんわ。

Monica & Phoebe: What, I said you had….
ちゃうて、私はただあんたが、、、。

Monica: Would you stop?
やめてくれる?

Phoebe: Oh, was I doing it again?
あ、私またやっちゃてた?

Everybody: Yes!
うん!

Rachel: Would anybody like more coffee?
もっとコーヒーいる人〜?

Chandler: Did you make it or are you just serving it?
それ自分で作った?それともただ注いどるだけ?

Rachel: I’m just serving it.
ただ注いどるだけ。

Everyone: Yeah, I am having a cup of coffee.
よし、コーヒーおかわりもらおかな。

Chandler: Hey, kids. New dream. I’m in Las Vegas. I’m Liza Minnelli.
よう、お子ちゃま達。新しい夢やで。ラスベガスでさ、俺ライザ・ミネリなんさ。