アクティビティ

カーリングは意外(?)とハマる!バンクーバーで初体験。【前半】

カーリングは意外(?)とハマる!バンクーバーで初体験。【前半】

こんにちは!

ラミレズカスミです。^^

 

今日は初めてカーリング体験に行ってきました〜〜〜!!!

実はそんなに期待せずに行ったのですが、、、

 

いや、かなり楽しかったです!

 

講師の先生が非常に分かりやすく丁寧に教えてくださったので、
カーリングの知識度が0から5くらいにレベルアップした気がします!w

 

今日行った場所は、2010年のバンクーバーオリンピックでカーリングの開催地として使用されたドームでした!

ぜんぜんカーリングのこと知らなかったけど、なんか感動

 

ということで、

今回は、カーリング体験の流れや感想をご紹介したいと思います!^^

 
Sponsored Link
 

①靴の底をきれいにするマシーンの登場!

まずは、靴の底をきれいにするところからはじまりました!

この今までみたこともない機械が、靴の底をきれいにする専用マシーンです。

BOOT BOY という名前だそう。ブーツ ボーイですね。

 

カーリングは意外(?)とハマる!バンクーバーで初体験。【前半】

 

カーリングでは氷上の汚れも試合の結果に影響するため、できるだけ靴底をきれいにします。

一緒に参加した友だちと、「このマシーン、他にいい使い道とかあるかな?」とか無駄な話をしてました。が、結局まだナイスなアイデアは浮かんでいません。

 

 
Sponsored Link
 

②靴にグリッパーと呼ばれるカバーを装着!

靴底をきれいにしたら、次は靴にグリッパーと呼ばれるゴム製のカバーをつけます。

 

カーリングは意外(?)とハマる!バンクーバーで初体験。【前半】

 

なんか汚くてすみません。(いや、私が悪いわけではない。)

 

氷の上は滑るので、このグリーパーが滑り止めになります。
装着するのは、キホンは片方の靴のみ。利き手と同じ側の足だそうです。

わたしは右手が利き手なので、右の靴にグリッパーをつけました。

 

カーリングは意外(?)とハマる!バンクーバーで初体験。【前半】

 

サイズはS,M,L,XLとありました。

 

カーリングは意外(?)とハマる!バンクーバーで初体験。【前半】

 

実際につけてみてピッタリくるものを選べばOKです!

先生いわく、

「多少グリッパーが靴より小さくても、ゴムなのでちょっと無理やりのばしてはめてしまっても大丈夫!

なのだとか。

 

カーリングは意外(?)とハマる!バンクーバーで初体験。【前半】

 

※ちなみにこのグリッパー、カーリング体験が終わったらちゃんと返却しましょう!わたしはすっかり忘れてて、途中まで履いて出てきてしまいました。w

(バカー)

 

③軽くストレッチ!

 

靴の準備が整ったら、次は身体の準備です!

 

屈伸や肩まわしなど、自由にストレッチをします

カーリングでは特に股関節足首を使うので、しっかりストレッチして筋肉を温めていきましょう!

 

④ブラシを持っていざカーリングホールへ!

カーリングは意外(?)とハマる!バンクーバーで初体験。【前半】

 

ストレッチが終わったら、カーリングの必需品であるブラシを渡されます

カーリングのほうきみたいな棒の名前はなに? 」と今まで思っていたんですが、日本ではブラシとよばれ海外ではブルームとよばれるらしいです。

ブラシ感はゼロですけどね。

テレビでしか見たことのないブラシを自分の手で持ててちょっと感動

 

では、いよいよカーリングホールへと入ります!

 

カーリングは意外(?)とハマる!バンクーバーで初体験。【前半】

 

とてもひろ〜〜〜い、、、そして

 

さむ〜〜〜〜い!

 

冬やん、ここ!

10℃前後らしいのですが、パーカー1枚という場違いな装備で行ってしまったため、わたしは終始ふるえてました!

 

⑤実際にストーンを滑らせてみよう!

これがカーリングのストーンです!!

カーリングは意外(?)とハマる!バンクーバーで初体験。【前半】

 

2010年のバンクーバーオリンピックで使用されたものなので、

Vancouver 2010」と書いてあります!いいですねぇ。

 

”カーリングのストーン”ってどっかで聞き覚えがあると思ったら、”ローリング・ストーンズ“だ!!!と今気づきました。

 

無駄に時間つかってCURLING STONESのロゴ
作ってみました。

 

石を投げるときの4ステップ!

石を投げるときの4ステップがこちらです。

  1. しゃがむ (立ててるほうのひざは直角に!)
    カーリングは意外(?)とハマる!バンクーバーで初体験。【前半】
  2. 腰を浮かせる(3で体を後ろにひくための準備です。)
    カーリングは意外(?)とハマる!バンクーバーで初体験。【前半】
  3. 後ろにひく (4で蹴り出すための準備です。)
    カーリングは意外(?)とハマる!バンクーバーで初体験。【前半】
  4. 蹴り出す (利き足で蹴って体をバランスよく押し出します。)
    カーリングは意外(?)とハマる!バンクーバーで初体験。【前半】

 

で、うまくなるとこんな風な姿勢になるはずです。
のびている方の足はまっすぐ!そして足の甲が床につきます。

 

カーリングは意外(?)とハマる!バンクーバーで初体験。【前半】

⑥ブラシで激しくスイープしてみよう!

そもそも、こする意味って何?石が止まるの? 

ブラシでゴシゴシっっ

いったい何をやっているのか、気になったことはありませんか?

あれは、氷を溶かしているんです。
こすった摩擦で熱が生まれ、氷がちょっと溶けて水の膜ができます。

そうすると石がツルーンと滑りやすくなるんです。

 

カーリングは意外(?)とハマる!バンクーバーで初体験。【前半】

 

ブラシでゴシゴシは石を止めるためじゃなく、より滑らせるためにやってるんですね。

 

なので、ブラシで掃く係のスイーパーの人がゴシゴシを強めたり、速めたり、止めたりしているのは、石がどのくらい滑るべきか、というのを頭で考えながらやってるんです。

 

たとえば、目標まであとたった10cmだとします。

めっちゃゴシゴシしちゃったら石がビューンと滑って1mも進んじゃうかもしれません。10cmだけ進ませたいなら、むしろゴシゴシをやめて石が自然にちょっと滑って止まるのを待つくらいでちょうどいいかな?

とか、そんなふうに考えるんですね。

 

プロの選手たちは、経験と知識でベストなゴシゴシ加減をみつけているのです!

 

擦ってる最中にブラシがストーンに触れたらどうなるの?

素朴な疑問だったので、先生に直接聞いてみました!

 

「先生、もしブラシで氷こすってるときにブラシが石にふれちゃったらどうなるんですか?違反ですか?」

「はい、違反ですね。」

「じゃぁ触れたかどうか見ている審判みたいな人がいるんですか??」

「カーリングはジェントルマンのスポーツなので、石に触れたら”はい、さわりました!”って手を挙げて自分で言うんです。」

「え、、自己申告ですか??!」

「はい、そうです!」

 

まじか、、、!すげージェントルマンやん!

「はい、さわりました!」って。チカンやないんやから。

 

カーリングは意外(?)とハマる!バンクーバーで初体験。【前半】

美大卒のくせにイラストすげー下手で萎える。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?^^

今まで全然しらなかったカーリングについて、ちょっと興味をもっていただけたでしょうか?

カーリング体験の続きはこちらの記事で書いてます!
初心者がカーリング体験で学んだことを公開!【得点当てクイズ付き】

 
Sponsored Link